子供の英語学習はオンライン英会話が始めやすい!メリットを5つ紹介

英会話教室には主に、

・通学タイプ

・オンラインタイプ

の二種類があります。

 

「通学」と「オンライン」はどちらがいいのか気になりますよね。

 

・オンライン英会話のメリット、デメリットは?

・通学タイプのメリット、デメリットは?

・おすすめの教室は?

 

 

と分からないこともあると思います。

 

そこで、

 

小学生の英語は

  • 「通学の英会話教室」
  • 「オンライン英会話」

どちらがいいのか?解説していきます。

 

「通学とオンラインそれぞれのメリット・デメリット」について解説します。

 

子ども向けオンライン英会話とは?

 

子ども向けオンライン英会話とは、自宅で気軽にマンツーマンで子どものレベルに合わせた英会話レッスンを受講できるサービスです。

 

子ども英会話に特化した講師がレッスンを行い、子供が興味を持ちやすい歌や絵本などを取り入れたレッスンで、子供が最後まで飽きずにレッスンに集中しやすいのが特徴です。

 

株式会社QQ English が提供するオンライン英会話サービス・QQキッズにて、アンケート形式による子どものオンライン英会話受講状況に関する調査によると、8歳(小学2年生・3年生)までに、約64%の子どもたちがオンライン英会話を始めています。

 

このことから、オンライン英会話が多くの人たちに使われていることがわかります。

 

参照:QQキッズ 2174人による まとめ白書 2021年版

 

では、なぜここまで子ども向けのオンライン英会話が注目されているのでしょうか?

 

のちほどオンライン英会話のメリットについて詳しく解説していきます。

 

幼い頃から英会話を学ばせることは
メリットだらけ

 

耳で聞いたままの音を発音できるのは、子どものうちだけだと言われています。

 

いずれ英語学習が必要になるのであれば、小さな頃から楽しく身につけさせてあげたいと思うのが親心というものです。

 

ただ、いざ子ども英会話スクールを選ぼうとすると、通学がいいのかオンラインがいいのかなど、数あるスクールの中からどれを選べば良いのか悩ましいところです。

 

子どもにとって理想的な子ども英会話スクールの選び方について考えてみましょう。

 

おぼえても、使わないと「忘れる」

 

幼い頃に親の仕事の関係などで英語圏の国に住むことになった日本人の子ども達は、数ヵ月程度で英語を聞き取り、英語で会話できるようになります。

 

学校での授業や友人と話す時、英会話が絶対に必要になるため、自然と身につくのです。

 

1年もすれば親よりも英語の聞き取りや発音が良くなることも少なくありません。

 

しかし、日常的に英語をスラスラと話していた子ども達でも、日本に帰国してしばらくすると、すっかり英語を忘れてしまう場合がほとんどだと言います。

 

必要だからこそ使いこなしていた英会話なので、必要がなくなることで忘れてしまうのです。

 

選び方のポイントは「続ける」

 

帰国子女でも英語を使わなければ忘れてしまうわけですので、日本で暮らす子どもが英会話を身につけるには、継続的に英会話と接する環境を作ってあげることが何よりも重要です。

 

どんなに素晴らしいレッスンを受けても、続けられなくては意味がありません。

 

子ども英会話スクールの選び方のポイントは「続ける」ことです。

 

送迎にかかる時間や、費用面。

 

また、子どもと先生やレッスン内容の相性が良いかどうかなど、無理なく長く続けられるかどうかという視点で考えましょう。

 

「通学タイプ」の
メリットとデメリット

 

「通学する英会話教室」のメリットとデメリットについて解説します。

 

通学する英会話教室の場合は、決まった時間と場所でレッスンを受ける形態です。

 

受講場所は比較的アクセスのいいところが多いのですが、全国くまなくカバーしているわけではなく、受講時間は日中に限られることが多いです。

 

一般的には複数人の受講者と一緒にレッスンを受けますが、スクールによっては少人数あるいはマンツーマンでレッスンを受けることができます。

 

通学タイプのメリット

子供の英会話教室で「通学型」のメリットは、

メリット

  • 同世代の子と学習ができモチベーションが維持しやすい
  • すぐに質問ができる
  • 講師が決まっていて子供が慣れ親しめる
  • イベントなどで海外の文化を知れる

 

があります。

 

「友達と一緒に英語が話せるようになりたい」と思うことで成長できることもあるでしょう。

 

その他にも、海外事情を学習するためのイベントを通して幅広い知識の習得・経験ができることや、リアルな英会話を習得できるメリットもあります。

 

通学タイプのデメリットは?

通学タイプの「デメリット」は、

デメリット

  • 時間の融通が聞きづらい
  • 通学のための時間とコストがかかる
  • オンライン英会話よりも比較的高い

 

があります。

 

通学する場合、大変なのが送迎や通学の時間です。

 

他の習い事もしている場合、より親の負担は増えます。

 

オンライン英会話の
メリット・デメリットは?

 

小学生のオンライン英会話受講は、パソコンとインターネット環境を用意し、画面や音声で講師から英会話レッスンを受けます。

 

パソコンがなければ、スマートフォンやタブレットでも受講することができるものもあります。

 

オンラインタイプのメリットは?

子供のオンライン英会話のメリットは、

メリット

  • 自宅で受講可能
  • 時間の調整がしやすい
  • 価格がリーズナブル
  • 講師を選べる
  • 他の習い事とも両立がしやすい

 

です。

 

親御さんにとって送迎がないのは、非常にメリットになりますよね。

 

また、通学タイプの英会話教室にくらべてオンラインである分リーズナブルです。

 

「続ける」ということで考えると、オンライン型の子ども英会話スクールには、以下のような良さが挙げられます。

 

オンラインタイプの
デメリットは?

オンライン英会話の「デメリット」としては、

デメリット

  • 通信環境を用意する必要がある
  • 講師によってクオリティが違うことも
  • レッスン時間が短い

 

です。

 

オンライン英会話は、Webカメラやインターネットの通信環境が必要です。

 

Webカメラが必要な場合は、電気屋さんで1500円前後で販売していますので見てみてください。

 

また、オンライン英会話の場合、講師によって教え方にムラがあったり、英語に「なまり」がある場合もあります。

 

教室のプランによってはネイティブ講師やバイリンガル講師を選択することもできるので確認してみましょう。

 

オンライン英会話が向いている
家庭とは?

それでは、それぞれのサービスがどんな子供に向いているのかを紹介します。

 

オンライン英会話

  • スピーキング力をアップさせたい
  • リーズナブルな料金で始めたい
  • 小さいお子さんがいて外にでにくい
  • 兄弟でレッスン料を分け合いたい
  • 親がサポートできる環境

 

オンライン英会話は、「英語口」「英語耳」を育てるための環境を、リーズナブルな料金でつくりたい家庭に向いています。

 

レッスンを受けるための環境が必要ですが、送迎不要なので、決まった時間に家を出にくかたったり、兄弟姉妹でレッスン料を分け合いたいご家庭にはありがたいサービスです。

 

通学型の場合、レッスン時間は夕方に限定されますが、オンラインであれば自由に時間を選択できます。

 

たとえば、「他の習い事から帰ってきた後にレッスンを受ける」などのような方法もできます。

 

通学型の英会話教室が向いている
家庭とは?

続いて、通学型の英会話教室に向いているのは、このような家庭です。

 

通学型の英会話

  • ほかの習い事と一緒に習慣化させたい
  • お友達と一緒に楽しく英語を学んでもらいたい
  • グループレッスンの方が緊張しなくていい
  • 日本人講師やスタッフに相談したい
  • レッスン中は講師にお任せしたい

 

通学型の英語教室は、英語と触れる時間をほかの習いごとと同じように子供の日常に組み込みたい家庭に向いています。

 

同じ教室の友達ができたり、講師と距離が近づいてくると、お子さんも友達の家に遊びに行くようにリラックスして通うことができます。

 

担任講師や教室スタッフに相談がしやすく、2人3脚で子供の英語学習を進めることができます。

 

また、レッスン時間中は先生にまるっとお任せできるのもありがたいですね。

 

組み合わせると最強!
通学型とオンライン英会話

オンライン英会話と通学型英会話スクールの比較をしましたが、どちらも一長一短があります。

 

どちらが良いか迷うところかもしれませんが、実は最もおすすめなのは、両方を組み合わせることです。

 

とくに小学校高学年になると、通学型は英文法の時間が増えて会話練習がほどんどできなくなり、オンラインでは講師との会話に集中して文法がおろそかになりがちです。

 

そんな時のおすすめ学習法は、

  • 英会話教室で日本人講師と文法
  • オンラインで外国人講師と会話練習

という組み合わせです。

 

通学型の英語教室で、友達と切磋琢磨しながら日本人講師から文法をしっかり教えてもらい、オンライン英会話でスピーキング練習をマンツーマンでできると最強です。

 

もちろん、国籍の異なる講師を組み合わせることは、オンラインもしくは通学型スクールだけでおこなうことも可能です。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

子供に英語を自宅で学ばせる為に6つの気をつけるべきポイントを解説

 

まとめ

オンライン英会話と通学型の英語学校は、似て非なる英語学習のサービスと言えるかもしれません。

 

通学型がお友達や先生とのコミュニケーション能力などを合わせて英語を学ぶ場所であるのに対して、オンラインは英語をたくさん話すためのサービスに特化しています。

 

お子さんにどのように英語に触れてもらいたいのか、そして、ご家族がどのようなサポート体制がとれるのかによって、決めるのがいいのではないかと思います。

 

「まずは手軽に始めたい」「近くに通学型の英語学校がない」という人は、オンライン英会話から始めてみましょう!

 

始めるのも簡単ですし、辞めることも簡単に出来ます。

 

多くの英会話教室があるので、どの教室がお子さんに合っているか確かめる為に、無料体験レッスンから受けることをオススメします。

 

最後になりますが、最後に重要なのは、お子さんとの相性です。

 

親は実践的な教材があるところがいいかな、などと思っていても、子供は楽しい方がいいなど、気に入るポイントはまた違ったりします。

 

冒頭でも説明しましたが、何よりも継続できなければ意味がありません。

 

体験は少なくても2、3校してから決めることをおすすめします。

 

ぜひお子さんに合う英語学習サービスをみつけてください。

 

子供が楽しく学んで継続しやすいオンライン英会話教室ランキング3選

 

P.S

ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございました。

 

最後までこの記事を読まれたということは、「あなたが本気でお子さんに向き合っている証拠」だと私は確信しています。

 

一般的に、ネットの記事は最後まで読む人は3割程度だと言われています。

 

つまり、悩んでいるフリをしながら結局は、本気じゃない、心の奥底では大した事だと思っていないという事です。

 

そんな中、あなたは最後まで記事を読まれたという事は、お子さんに真剣に向き合っている証拠です。

 

大変なことや、悩むことも多々あると思います。

 

ですが、真剣にお子さんに向き合っているあなたのお子さんであれば、きっと明るい未来が訪れると確信しています。

 

これからも、どうぞお子さんと真剣に向き合ってあげてください。

Copyright© 子供英会話ランド , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.